「東 信二」
 
リンク集
 
 
更新履歴
 
JRA-公式-
 
 

東 信二

東 信二は、日本中央競馬会 (JRA)の騎手で競馬評論家。
1970年騎手としてデビュー。同年3月22日、スミタマサルに騎乗し初勝利。
翌年1971年には菊花賞でダイトモナークに騎乗し、当時の史上最年少での中央競馬クラシック競走出場を果たした。
その後も着々と勝ち星を重ねて行き、1973年スプリンターズステークスではキョウエイグリーンに騎乗し、重賞初勝利を飾った。 その後、1981年の有馬記念で勝利を飾る。 1987年フリーランスの騎手となる。その年の皐月賞と菊花賞をサクラスターオーに騎乗し勝利。しかし、有馬記念のレース中にサクラスターオーは左前脚を故障し、闘病の末翌1988年5月に死亡。
1998年5月に騎手を引退。通算成績は中央競馬5,293戦512勝(重賞21勝)、地方競馬17戦1勝。


名前 東 信二(あずましんじ)
生年月日 1951年11月24日
所属 日本中央競馬会 (JRA)
引退日 1998年5月
騎手重賞勝利 21勝
騎手通算戦績 5,293戦512勝
出身地 東京都豊島区
勝鞍 1973年 スプリンターズステークス(キョウエイグリーン)
1974年 安田記念(キョウエイグリーン)
1981年 有馬記念(アンバーシャダイ)
1987年 皐月賞、菊花賞(サクラスターオー)

1987年 皐月賞(サクラスターオー)
1987年 菊花賞(サクラスターオー)
▼「Umapedia-フリー競馬百科事典-」内 キーワード検索▼