「小島 太」
 
リンク集
 
 
更新履歴
 
JRA-公式-
 
 

小島 太

小島 太は、日本中央競馬会 (JRA)の騎手で調教師。 1966年3月に騎手としてデビュー。翌年1967年5月にはグローリーターフで東京障害特別(春)を制し重賞初勝利、1967年は重賞3勝を含む37勝と躍進した。以後、着々と勝ち星をを重ねていき、1972年には48勝を挙げ、関東のリーディングジョッキー(年間最多勝騎手)となった。
1973年、サクライワイで函館3歳ステークスを制した。1978年にはサクラショウリで日本ダービーに優勝。1979年にはビンゴガルーによる皐月賞優勝を含む重賞8勝を挙げ、以後も毎年の重賞勝利を重ねた。1986年にサクラユタカオーで天皇賞(秋)に優勝。1988年には前年に最優秀3歳牡馬に選出されていたサクラチヨノオーで二度目の日本ダービー優勝。その後も重賞を含む多くの勝利を積み重ねていき、1996年2月一杯での引退を発表。
引退発表後もサクラチトセオー、サクラキャンドル兄妹で天皇賞(秋)とエリザベス女王杯に優勝。1996年2月25日をもって騎手を引退。JRA通算8476戦1024勝。

1997年3月美浦トレーニングセンターに厩舎を開業。
2000年2月にイーグルカフェが共同通信杯4歳ステークスを制し、調教師としての重賞初勝利を挙げる。同年5月にはイーグルカフェがNHKマイルカップを制し、GI競走初勝利も果たした。2001年から2002年にかけてはマンハッタンカフェがGI競走3勝を挙げた。イーグルカフェ、マンハッタンカフェ以降はGI競走制覇から遠ざかっていたが、2002年、2004年、2006年には関東の優秀調教師賞を受賞。

2018年2月28日、定年により調教師を引退。

名前 小島 太(こじま ふとし)
生年月日 1947年4月11日
所属 日本中央競馬会 (JRA)
引退日 1996年2月28日
騎手重賞勝利 85勝
騎手G1級勝利 10勝
騎手通算戦績 8476戦1024勝
調教師通算戦績 3201戦309勝
調教師重賞勝利 21勝
調教師G1級勝利 5勝
出身地 北海道斜里郡小清水町

1978年 サクラショウリ 日本ダービー 

1988年 サクラチヨノオー - 日本ダービー

2001年 マンハッタンカフェ - 有馬記念
▼「Umapedia-フリー競馬百科事典-」内 キーワード検索▼