「鳴尾競馬場」
 
リンク集
 
 
更新履歴
 
JRA-公式-
 
 

鳴尾競馬場

鳴尾競馬場は、兵庫県西宮市にかつて存在した競馬場。
1907年に竣工した、関西初の競馬場。現在、阪神競馬場で行われている重賞の「鳴尾記念」は、この鳴尾競馬場にちなんでいる。

1937年に阪神競馬倶楽部が日本競馬会に統合され、名称も「鳴尾競馬場」から「阪神競馬場」へと変更。 その後、戦争の拡大に伴い、競馬場は1943年の春季競馬を最後に海軍基地として接収され、鳴尾飛行場として利用された。海軍基地(鳴尾飛行場)となった後も、大スタンドの本館は残されたが、外観は黒く塗り替えられ迷彩が施され、管制塔として使用されていた。

終戦後は、アメリカ軍が接収し1952年までキャンプ基地として使用され、1960年に一部が武庫川女子大学へ払い下げられた。

残されていた大スタンドの正面玄関部分は、武庫川女子大学附属中学校・高等学校の北特別教室として利用されていたが、2004年に文化財として保護されることが決定し、建設当時のように忠実な復元が行われ、「芸術館」となった。

また、日本初のオートバイレースが行われたのも、鳴尾競馬場と言われている。
1949年には、仁川の川西航空機宝塚工場跡地に新たな競馬場が完成。現在の阪神競馬場である。


鳴尾競馬場|実績の紹介|大林組
▼「Umapedia-フリー競馬百科事典-」内 キーワード検索▼