「四位 洋文」
 
リンク集
 
 
更新履歴
 
JRA-公式-
 
 

四位 洋文

四位 洋文は、日本中央競馬会 (JRA)の騎手で、1991年デビュー。騎手の四位満教(しい みちのり)は叔父に当たる。1996年にイシノサンデーで皐月賞を制し、GI初勝利を飾る。更に同年のGIエリザベス女王杯では、ダンスパートナーに騎乗しG1の二勝目を飾る。2001年にはアグネスデジタルに騎乗し、マイルチャンピオンシップ南部杯、天皇賞(秋)、香港カップを制した。
続く2002年にフェブラリーステークスを、2003年には安田記念を勝利し、2007年の第74回東京優駿(日本ダービー)ではウオッカで勝利し、日本ダービー初制覇。これは、クリフジ以来64年振り3頭目となる、牝馬による日本ダービー勝利という快挙だった。更に同年の第68回菊花賞をアサクサキングスで勝利したことで、史上17人目となる三冠競走勝利を飾る。
更に翌年の2008年の第75回東京優駿をディープスカイで制覇。東京優駿は前年のウオッカに続く2年連続制覇であり、牡馬と牝馬の双方での制覇は国営競馬・中央競馬を通じて史上初の快挙であった。

名前 四位 洋文(しい ひろふみ)
生年月日 1972年11月30日
所属 日本中央競馬会 (JRA)
身長 160cm
体重 50.0kg
血液型 B型
出身地 鹿児島県姶良郡牧園町
騎手情報 皐月賞 - 1996年 エリザベス女王杯 - 1998年 高松宮記念 - 2001年 マイルチャンピオンシップ南部杯 - 2001年 天皇賞(秋) - 2001年 香港カップ - 2001年 フェブラリーステークス - 2002年 安田記念 - 2003年 阪神ジュベナイルフィリーズ - 2003年 阪神ジュベナイルフィリーズ - 2006年 東京優駿(日本ダービー) - 2007年 菊花賞 - 2007年 NHKマイルカップ - 2008年 東京優駿 - 2008年 秋華賞 - 2009年 高松宮記念 - 2010年 ジャパンダートダービー - 2012年 川崎記念 - 2013年 朝日杯フューチュリティステークス - 2016年

1996 皐月賞 イシノサンデー

2007/05/27 第74回 東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)【ウオッカ】

2008/06/01 第75回 東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)【ディープスカイ】

▼「Umapedia-フリー競馬百科事典-」内 キーワード検索▼