「サラブレッド」
 
リンク集
 
 
更新履歴
 
JRA-公式-
 
 

サラブレッド

サラブレッドは、イギリスで、競走用に品種改良された軽種馬の事を言い、競馬では人乗せた状態で、数分継続して50〜70km/hの速度で走る能力を持っている。日本のレースでは、200m区間平均速度75km/hが計測されたことがある。競以馬外では、乗馬やポロなど多数の用途に使用される。
サラブレッドには厳格な血統登録が管理されていて、1頭1頭に必ず血統書が存在する。

現在、全てのサラブレッドは、父系を遡るとゴドルフィンアラビアンバイアリータークダーレーアラビアンのいずれかにたどりつく。これらを「三大始祖」という。

日本では1年間に約7000頭のサラブレッドが生産されてる。その生産数は、世界で5番以内に入る。世界一のサラブレッドの生産国はアメリカで、その数は約30000頭である。

サラブレッドには、300年以上もの歴史があり、日本では1989年にアメリカの二冠馬となったサンデーサイレンスが種牡馬となり、その産駒が90年代の日本の重賞レースで活躍しドラマを生み出した。
▼「Umapedia-フリー競馬百科事典-」内 キーワード検索▼